MENU

夫の収入証明書が必要?専業主婦のキャッシング事情

専業主婦が融資を受ける時に提出する書類は3種類あります。

 

身分証明書
旦那の同意書
住民票

 

が必要です。専業主婦がキャッシングを利用する場合、旦那さんには内緒で行いたいものです。

 

しかし、申し込み時に旦那の同意書が必要であれば、内緒で進めることはできません。
同意書が必要であればキャッシングの申し込みを諦めるしかないと思っている人もいるでしょう。しかし、実はこの旦那の同意書はなしでも借りることができます。

 

大手の銀行カードローンがおススメの理由は

旦那の同意書なしでもキャッシングできる銀行カードローンが存在します。専業主婦は、大手の銀行カードローンなら、ほとんど借入可能です。収入証明書の提出も必要ありません。銀行カードローンは配偶者貸付というシステムによって「夫の収入で融資する」という風になっています。収入がゼロの専業主婦という時点で、旦那さんが安定収入を持っていることは確実だろうと業者側は考えてくれるので、書類の提出はないのです。旦那さんには絶対にばれません。

 

中には消費者金融への申し込み時に同意書を偽造して提出する人もいるようですが、これは罪に当たります。カードローン会社やキャッシング業者をだます罪になってしまいます。軽い気持ちだったとしても絶対に偽造しないようにしましょう。

 

女性向けローンと普通のローンの違いは

専業主婦の融資というと、よく紹介されているのが女性向けローンです。レディースローンとも呼ばれています。専用主婦の場合には消費者金融の取り扱っているレディースローンは利用不可です。銀行の取り扱っているものであれば利用可能。女性向けということで、一見金利が安いように思われますが、金利は普通のキャッシングと変わりません。限度額も全く同じです。

 

レディースローンは普通のローンと比べて女性用にアレンジされているので利用しやすいメリットがあります。審査や連絡の時のオペレーターさんが全員女性なので安心感もえられます。物理的なメリットはありませんが、精神的なメリットを感じられるでしょう。