MENU

審査基準の仕組みを徹底解説!専業主婦には厳しい?

キャッシング会社は色々ありますが、各会社によって審査基準は異なります。審査基準についてどの会社も公開していませんが、キャッシングの審査基準で一番大切なことは、申し込み時に嘘を記載しないこと。収入がゼロであるのに、収入があるように装ってもすぐにばれてしまいます。どんな小さな嘘も絶対にばれます。嘘が多すぎると借りられたはずのお金が借りられなくなるばかりか、信用を失くしてしまいます。その結果他の会社でも借りられなくなる可能性もあります。

 

キャッシングの審査では年齢も大切な要素です。あまりにも年齢が高いと返済能力を疑われてしまいます。子育てまっ盛りの年齢の場合も返済が厳しい場合があるのではないかと判断され、審査基準ではマイナス評価となるようです。

 

固定電話があれば信用される

キャッシングの審査では電話に関しても優位な順番があります。固定電話と携帯電話の両方を所持している場合は信用度が高くなります。
最近は携帯電話のみの人も多くなっていますが、固定電話があるということで審査がプラスに働くようです。

 

いくら収入が安定していても、日雇いなどの不安定な仕事では伽寝具審査ではマイナスになってしまいます。
安定した仕事であれば評価は高くなります。特に公務員などの職業はキャッシング審査に強いと言われています。

 

50万円以上の借り入れでは収入証明が必要ですから、職業の安定性が重要になってくるのです。

 

居住年数が長いと有利

 

キャッシング審査においては、居住年数も大事な審査基準です。同じ場所に長く住んでおり、引っ越しが出来にくい状態であれば、貸付を行う側からすれば借金を踏み倒される危険性が低いと感じます。

 

簡単に引っ越しができる人の場合には、返済が滞った場合引っ越しをして借金を踏み倒す危険性が含まれるかもしれないと思うのです。そのため、1か所に長く住んでいることは、貸し付ける側からは高い評価を受けるのです。

 

キャッシング利用を希望するのであれば出来るだけマイナスな評価にならないほうが望ましいです。