MENU

キャッシングに収入証明書は必要?専業主婦の借り入れ術!

2010年に改正された「総量規制」により「年収の3分の1以上の金額を貸し出してはいけない」と決められています。
専業主婦がキャッシングを利用するためには、夫に安定した収入があることが必要です。それ以外にも、夫の同意書、収入が証明できるものが必要になってくる場合があります。

 

収入が証明できるものとは収入証明書と呼ばれる書類です。
自分の年収を証明するための書類のことで、源泉徴収票や納税証明書などのことをいいます。書類が準備できれば融資の確率が高くなるところもあります。

 

総量規制は貸金業者への法律です。そのため、この法律は消費者金融に適用されます。
つまり、キャッシングを行っていても銀行では適応されないのです。キャッシングのことを絶対に夫にバレたくないなら「銀行のキャッシング」なら収入証明などの書類が必要ないので、安心して申し込みができるのではないでしょうか。

 

夫に内緒で専業主婦のキャッシング

 

専業主婦がキャッシングをする際は、色々な方法があります。
まずは消費者金融の場合、夫の同意書が必要になってきます。絶対に夫にバレたくないのであれば、借り入れが難しいでしょう。
銀行のキャッシングなら夫の同意書は必要ありませんので秘密裏に申し込みが可能です。

 

「収入がなく、夫の同意を得られる方」は夫の同意書が提出出来る為、消費者金融で申し込みが可能です。夫の収入や信用情報に問題がなければ問題なく借り入れが出来るでしょう。
ただし、夫の承認を得られるのであれば、夫本人が申し込みをしたほうが少しでも多くの金額を借り入れできるでしょう。

 

銀行でのキャッシングでは夫の同意書は必要ありません。しかし消費者金融の場合と同じく夫に安定した収入があることが条件となります。
また、夫に安定した収入があっても専業主婦に適した借り入れ限度額になるので、高額な金額を借り入れすることは不可能です。
ただし、夫の収入証明書を提出することで多少まとまった金額を融資してくれるところもあるようです。